書籍の営業からBtoBの世界へ。迷ったらチャレンジングな方を選ぶ

チャレンジできる環境だと思えたから、迷いはなかった

インフォボックスに入社する前は、出版社で営業をしていました。未経験で飛び込んだ業界だったものの、3年で営業成績トップになり、係長まで任せていただけるように。充実した日々を過ごしていましたが一定の成果を出し切った感覚があり、次のステップへ進むために転職活動をはじめました。
営業という職種の軸はありつつも、IT分野で無形商材を扱っている会社を中心に面接をうけ、内定もいくつかもらうことができました。ただ、内定をもらっても、いきますと即答できる会社がなくて。未経験の業界だし、合わなければ次の会社にすぐ転職すればいいかくらいの軽いテンションだったからこそ、自分の中に迷いが生じていたんです。
そんな中でインフォボックスからwantedly経由でメッセージをもらって。そのメッセージの内容が明らかに自分のこれまでの経歴を見た上で作られている熱のこもったメッセージだったんです。その時点で好印象だったんですが、実際に面談でプロダクトの話を聞いて、自分の求めていたチャレンジできる環境はここだ!と思いました。Tech系のサービスってどことなく似通ってしまうことも多い中で、インフォボックスの描く世界が本当に実現したら、世界のこれまでの当たり前が少しだけど確実に変わるって思えたんです。

はじめてのBtoB営業に苦戦

新しいチャレンジをするぞ!という気持ちで入社しましたが、やはり毎日課題だらけです。これまでの出版社での営業経験を活かせる部分ももちろんありますが、BtoBの事業だからこそ、対個人ではなくて対会社に対しての提案になってくる。もちろん人と人との関係性がベースにはありますが、その塩梅が難しいなと思いますね。
最適でスピーディーな提案をするロジカルさと、お客様の困り事を誠実に見つめる愛の部分、どちらのスキルも持った営業になりたいなと思います。

インフォボックスならではの経験

私、迷ったらよりチャレンジングな方を選びがちなんですが、インフォボックスは打席に立てる回数が本当に多い会社だなと思っています。入社当初は営業がほぼ私一人の状態で、そうなると提案はもちろん、資料準備からフォロー、契約書作成まで全て自分でする必要が出てきます。最近では全社の経営計画から逆算したKPIだてみたいなところにまで関わっています。縦割りの組織で働いてたらチャレンジできなかった部分まで任せてもらえるし、サポートしてもらえているというやりがいと安心感があります。
これからメンバーも増えていくことで、日々違うチャレンジができるんだろうなと今から楽しみです。