PdMとして抽象を具体化し、プロダクトをドライブさせていく

インフォボックスには、想像通りのカオスが待っていた

インフォボックスでは、業務委託でプロダクトマネージャーをしています。メインの役割は、ビズ側の企画と実装するエンジニア側の橋渡し。インフォボックスは、代表の平沼さんはじめアイデアマンが多いので、やるべきこと、やりたいことは無限に湧いてくるんですが、逆にやりたいことが多すぎて抽象度が高かったりするので、具体化していくための交通整理が必須。そもそもプロダクトとしてどうあるべきかを言語化して抽象的な内容を具体的なロードマップに落とし込むのがメインの仕事です。

業務委託でも、事業のスピード感を担う一員に

普段は、人材サービス企業で、フルタイムの正社員としてプロダクト開発に関わり、朝や夜、休日の時間を上手く使いながら、インフォボックスでの業務に取り組んでいます。業務委託としての関わり方ですが、日々変わっていく事業のスピードを感じながら、組織のこれからを作っている実感は、ものすごくあります。PMの仕事を本業でやっているわけではないからこそ、自分にとってもチャレンジできるいい機会ですし、複数の仕事を持つことでそれぞれにいい相乗効果が生まれているなと感じます。僕自身、営業の経験があるわけじゃないので、プロダクトのドメイン理解のため能動的に関連分野の勉強をすることも多いです。
また、企画書上のアイデアをまとめる抽象的な仕事から、現実のプロダクトとして成立させていくという具体化の部分まで、自分の手を動かしながらやれていることも、楽しいなと思います。
日々、視野が広がっているなと思います。

対話のできるメンバーが集まっている組織

インフォボックスに集まるメンバーは、とにかく前向き。それでいて謙虚で、誰かと共同してものづくりする時に大事な部分を、ちゃんとおさえている人が多いなって思います。
少数精鋭の組織だからこそ、当たり前にそれぞれのプロフェッショナリティがあって、その中で互いの背景を思いやりながら、物事を前に進めていくのってものすごく大切なスキルですよね。僕も、本業や子育てとの両立をしていることも理解してもらった上で、100%のパワーが発揮できるように、配慮してもらっているなと思います。なんでもできるのがスタートアップの醍醐味だからこそ、なぜそれをやりたいのかの背景を対話の中で理解しあうことが重要ですし、それを大事にしてくれる環境なことは間違いないと思います。