ゼロイチでプロダクト開発をする楽しさ

ゼロイチで全てを作り出せる楽しさ

入社当初、エンジニアは自分一人だけ。日々CEOとコミュニケーションをとりながら、ゼロイチでのプロダクト開発に取り組んできました。これまでの経歴では、チーム開発がほとんどだったので、一人ですべてを実装することにプレッシャーはありましたが、同時にやりがいも感じました。
自分自身はフルスタックエンジニアとして、バックエンドからフロントエンドまで、プロダクト開発に必要な技術は網羅的に身につけたいと思っているので、そういった意味でも今の環境はぴったりだと思います。また、スピード感を求められる環境においては、全ての工程を横断して見ることでエラーの箇所が発見しやすく、すぐ修正できるといったメリットもあります。

ともに挑戦できる仲間求む

これまでは、平沼と二人三脚でやってきたようなところもありますが、最近は新しいエンジニアの方もジョインしたので、ますます開発スピードを上げていきたいと思っています。ベンチャーだからこそ、特定の技術領域だけやっていればいいというわけにはいかないのですが、今ないスキルでも学んでいく姿勢があれば大丈夫。新しいことへ挑戦するのに抵抗がない人、学ぶのが好きな人と働きたいなと思っています。チームメンバー同士で、高めあっていきたいですね。働き方や開発のスタイルについては、エンジニアの意見をきちんと尊重してくれる会社だと思います。
一人では辿り着けなかった場所まで、最速で辿り着けるのが楽しみです。